2005年 11月 27日

丸山直文「朝と夜の間」



期間: 2005/11/11~2005/12/17

この度江東区清澄に移転するシュウゴアーツでは、丸山直文の新作展「朝と夜の間」を開催します。作家は1964年新潟県生まれ。90年代初期に新世代ペインターの旗手としてデビュー。以来ひとつの作風に留まることなく意欲的に作品の展開を続けています。2年間のベルリン滞在を経て近年では2002年の台北ビエンナーレを皮切りに、2003年森美術館の開館展「ハピネス」、2005年同じく森美術館の「秘すれば花」展に出品し高い評価を得ています。
丸山は綿布を水に浸し、アクリル絵の具を染み込ませながら描くステイニングという技法を用いてペインティングを制作しています。アクリル絵の具の鮮やかな色が輪郭線を持たずに広がり色彩がせめぎ合う画面には、感覚的な美しさばかりでなく、一度色をおくとやり直しが効かないという技法上の制約により、吟味される構成とそれに伴う緊張感が漂います。抽象的な要素のある風景が描かれていてもどこか非現実的な光景からは、作家がイメージの再現を目指すのではなく、虚構の世界を描くことにより現実とは別の世界が存在しうる、という想像を見る者に意識させます。ステイニングという技法を自在に操ることによって、作家は具象と抽象の境界を越え、更には感覚と思考の境界をも自在に行き来することを可能にしようとしているといえるでしょう。
今回の新作では自在さが一層際立ち、複数の次元を横断するハイブリットな要素が錯綜して明と暗の光を放ち、見る者を新しい地平に誘います。そこには目に見えるものだけではない、感覚や想像力の自在さが無限に広がっているのです。シュウゴアーツの新しいスペースにおける最初の展覧会となる丸山直文の新作展「朝と夜の間」を、是非この機会にご高覧頂きますようご案内申し上げます。


会場: SHUGOARTS
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
休館日: 毎週日・月曜日・祝日
住所: 〒135-0024 東京都江東区清澄1-3-2 5F 
TEL/FAX: 03-5621-6434 / 03-5621-6435
Email: info@shugoarts.com
URL: http://www.shugoarts.com/
[PR]

by koso2.0 | 2005-11-27 02:30 | SHUGOARTS


<< スレイター・ブラッドレー『Un...      ANNETTE MESSAGER >>