Exhibition Alert

koso.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Gallery 覚( 15 )


2005年 12月 11日

登山 博文 展



期間: 2005/12/12~2005/12/28

図像に対して意味を持たせない。また描くという行為に対しても内的な感情や意味合いを限りなく排除する為、クールで間接的なアプローチの仕方で絵画制作をしていた登山が、今展覧会の制作から思いっきりストレート、真正面、直接的、しかもこちらが赤面するぐらい全身でぶつかっている感のあるアナログなアプローチで仕事をしていました。

直接的ではあるが、内的感情や意味合いの排除は徹底されている。職人技のように積み重ねていく仕事ではなく、一瞬で決まってしまう仕事。その一瞬の為にかける描かないけれど描いている時間。あらかじめ大まかでも着地点を決めて描けば、また着地点が見えなくとも手を動かしていれば自分への安心にもなるであろうが、そこを見事に律する強さが登山博文の作品の潔い美しさとして表れる。

発表は少ない。デビューも現代の東京を拠点にしている作家に比べれば遅いほうだといえるでしょう。自らの作品の完成度に対する眼差しが常人のそれより遠く厳しいところにあるのと、顕示する欲望の薄さ故、そのような結果になっているのだと思います。

マッドサイエンティスト的に(笑)自らの欲する絵画を深く追求し、悠久の時間を許された仙人みたく悠々淡々と取り組んでいる。印象としては探求者。真摯。クール。そんなイメージの登山でしたが、本展での登山を見た方は違うイメージを持たれることでしょう。例えて云うなら。40を手前にした分別のある筈のいい大人が、あろうことかそのあまりの無垢で情熱的な絵画バカっぷりを晒してしまっている。若しくはファンキーでありファンシーだ。とか(笑)

そんな一直線なアプローチの本展を、登山博文という作家を見知った同じく絵を描く同業者たちが見たら・・・。恥じらいなどというものをすっかりどこかに置いてきてしまった彼等のそのスレきった頬さえも、見てはいけないものを見てしまった恥ずかしさに、ポッと赤く染めてしまいかねない、そんな地雷を埋め込んだような大変刺激的でチャーミングな仕事をしています。

今回の登山博文の展覧会は愛すべき絵画馬鹿野郎サマ爆発です。

URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/toyama.html


会場: Gallery 覚
入場料: 無料
時間: 12:00~19:30
(~15:30 on last day)
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-17 中川ビル3F
TEL/FAX: 03-5524-5222
Email: g.kaku@alto.ocn.ne.jp
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/
[PR]

by koso2.0 | 2005-12-11 21:36 | Gallery 覚
2005年 11月 27日

「セカイノミカタ 05」吉川 民仁 展



期間: 2005/11/21~2005/12/07

作品が作り出す小さい風が見る人(受け手)に届くか、
吹いてくれるかがポイントです。

URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/yosikawa.html


会場: Gallery 覚
入場料: 無料
時間: 12:00~19:30
(~15:30 on last day)
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-17 中川ビル3F
TEL/FAX: 03-5524-5222
Email: g.kaku@alto.ocn.ne.jp
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/
[PR]

by koso2.0 | 2005-11-27 02:04 | Gallery 覚
2005年 09月 25日

小島 敏男 展



期間: 2005/09/26~2005/10/08

子供の頃、夜寝ていると、街の中心を東西に走る電車の音が、かすかに聞こえる事があった。

小高い山の中腹に家が建っていたので、起きて窓から外を見ると、電車の豆粒のような窓の明かりの連なりが、ゆっくり動いて行くのが見えた。

それはいつも私を喜ばせた。

私は今、電車のかすかな音と、窓の明かりの連なりのような作品を作りたいと願っている。

小島敏男

URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/kojimatosio3.html


会場: Gallery 覚
入場料: 無料
時間: 12:00~19:30
(~15:30 on last day)
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-17 中川ビル3F
TEL/FAX: 03-5524-5222
Email: g.kaku@alto.ocn.ne.jp
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/
[PR]

by koso2.0 | 2005-09-25 20:39 | Gallery 覚
2005年 09月 19日

仲森 仁 展



期間: 2005/09/19~2005/09/24

どこにでもありそうな「公園」、なんの変哲もない「玩具」をモチーフに「フォトエチング」と呼ばれる、銅板上に図像を焼き付ける写真製版技法で作品を制作しています。

 誰にも干渉せず、あるいは干渉されずノ執着されるなにもない存在が実は共有し、すべてを満たすものとして。

自己体験による記憶されたものが、時の経過に従って、曖昧なものになるなかで、写真によって、確かにあったと思い出させられることがあるが、失っていったことを残酷にも感じさせられ、切ない感覚に襲われる。

 写真が世界を切りとり即座に平面に記録したイメージを銅板に記憶(製版)し、時の経過(腐蝕)に従って少しずつ変形し、薄らぎ、混じりあい、融けあい、消えていくなかで、満たされる予感のある物質化された三つめのイメージへ導かれたい。

仲森 仁

URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/nakamori.html


会場: Gallery 覚
入場料: 無料
時間: 12:00~19:30
(~15:30 on last day)
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-17 中川ビル3F
TEL/FAX: 03-5524-5222
Email: g.kaku@alto.ocn.ne.jp
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/
[PR]

by koso2.0 | 2005-09-19 15:08 | Gallery 覚
2005年 07月 31日

玉野 早苗 展 -空洞の抜け殻-



期間: 2005/08/01~2005/08/13

住宅広告。そこに描かれた、この世に現時点では存在しない家、けれど近い未来、現実空間に立ち現れ存在していくであろう家の像。
それら家々は、完全な虚構とも現実とも言い切れない不安定な時空・表面に立地しています。
そこに映しだされるのは未来の像であり、また、描かれ定着された時点で過去の像でもあります。
未だ実際にこの中に入り込んだ者はいなく、この中での記憶を持つ者も未だいない、不在者の地、空洞の地としての像。
そんな家々が日々何軒も生成、複製され、私たちの家の郵便受けに送られてきます。
そのように広告として送られてきた家々に、私は「ある像の外観」というだけで、無意識的に自己の記憶を投影させ、その中には実際にはない何らかの物語を見てしまい、空洞の家の中に入り込んでいってしまいます。
「住宅販売のために描かれた絵、薄い紙・印刷されたインクの表面を見ているだけ」そう一定の距離をもって知覚出来ないのはなぜなのか、そこで私は、広告の裏側から光を当て、裏面に印刷された文字や平面図を外観像と二重映しに撮影、写真として定着させ、広告としての、即物的な情報や、チラシとしての薄っぺらさを浮かび上がらせようとします。(写真作品)
また、カメラの録画ライトが表面に反射する距離で映像撮影、チラシそのものの表面性を浮かび上がらせようと試みます。(写真、映像作品)
しかし、そのように知覚、定着させようとすればするほど、逆説的に、この家の奇妙な空間や、居もせぬ住民達の記憶を呼び起こしてしまうようでもあります。
そこに映し出され見ているのは、もはや表面的な外観像ではないのかもしれません。
不在者の声に導かれながら、私は、再び誰もいない空洞の家に入り込んでゆきます。
ありもしないその家での記憶を思い返しながら。 

URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/tamanosanae2.html


会場: Gallery 覚
入場料: 無料
時間: 12:00~19:30
(~15:30 on last day)
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-17 中川ビル3F
TEL/FAX: 03-5524-5222
Email: g.kaku@alto.ocn.ne.jp
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/
[PR]

by koso2.0 | 2005-07-31 21:56 | Gallery 覚
2005年 07月 13日

早川 陽子 展 そういう世界



期間: 2005/07/04~2005/07/16

そういう世界は確かに存在する。
その直感を証明へと導きたい。
とらえどころのないまま始めてしまったから、いつのまにか屈して身を縮めていた。
だから今はどこまでも伸びやかにその仕返しをしたい。
広く大きな場所で。かつて強く掴み取ったかけらは、今でも優しい言葉を放つ。
かけがえのないものを、おしみなく。

希望はきっと証明される。色よりも幅広く、言葉よりも率直に、空間ほどに多くを湛え、
物よりもありありと。

これから音になる、これから数字になる、これから開かれる、そう遠くない、
そういう世界。

URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/hayakawa.html


会場: Gallery 覚
入場料: 無料
時間: 12:00~19:30
(~15:30 on last day)
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-17 中川ビル3F
TEL/FAX: 03-5524-5222
Email: g.kaku@alto.ocn.ne.jp
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/
[PR]

by koso2.0 | 2005-07-13 01:15 | Gallery 覚
2005年 06月 22日

LAYLA展「白くてやわらかくていいにおいのするもの」



期間: 2005/06/26~2005/07/02

【展覧会の内容】
展覧会タイトル「白くてやわらかくていいにおいのするもの」
同性から見た女性の色香をテーマに。
女性の肉体は恥しいものではないし、品格の許す範囲でどんどん出していくべき
だと思います。
女性にうまれてきたことを楽しめるような、強くて開放された作品づくりを目指
しています。

【コメント】
ベリーダンスを踊っているので、ペルシャに魅せられています。
最近緩和されたとはいえ、まだまだ厳しい規律の中にいる中東女性も、
ベールを脱ぐとおしゃれで美しいので、絵の中では輝くといいなと思いながら描
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/layla.html


会場: Gallery 覚
入場料: 無料
時間: 12:00~19:30
(~15:30 on last day)
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-17 中川ビル3F
TEL/FAX: 03-5524-5222
Email: g.kaku@alto.ocn.ne.jp
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/
[PR]

by koso2.0 | 2005-06-22 01:57 | Gallery 覚
2005年 06月 07日

坂田 峰夫「FLOWER」─ 光画・透過光フォトグラム ─



期間: 2005/06/06~2005/06/18

「花」は人類が埋葬を意識した時からの欠かせないアイテムである。
 作品に「花」を意識したのはこのことと、花=美しい?という疑問からである。
「テンカイバナ」と言う造語を作り、花を展開していくこと、天界、転回…
と言う意味を込めて花をモチーフに作品をつくりはじめた。
 フォトグラムによって表現するようになったのはある偶然からである。
モチーフと印画紙の関係が直接的なのでフォトグラムといっているが、
既存のフォトグラムとは少し違うオリジナルの技法である。
 フォトグラムは記録する写真と異なりドローイングに近い。
 美しいとされる花を普通に写真にすると、とても安っぽいものになるのだけれど、
フォトグラムは技法特有の不自由さが、現実や実体に「隙間」をつくりだしてくれる。

坂田 峰夫
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/sakata.m2.html


会場: Gallery 覚
入場料: 無料
時間: 12:00~19:30
(~15:30 on last day)
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-17 中川ビル3F
TEL/FAX: 03-5524-5222
Email: g.kaku@alto.ocn.ne.jp
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/
[PR]

by koso2.0 | 2005-06-07 02:15 | Gallery 覚
2005年 05月 03日

田口 和奈 展「Stars」



期間: 2005/05/02~2005/05/14

絵画と写真から距離を持った固有の場としてのイメージ、実像と虚像が混ざり合って互いに共鳴したり不協和音をたてたりしながらできる不可思議なイメージを生成していきたいと思っている。

田口和奈

URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/taguti2.html


会場: Gallery 覚
入場料: 無料
時間: 12:00~19:30
(~15:30 on last day)
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-17 中川ビル3F
TEL/FAX: 03-5524-5222
Email: g.kaku@alto.ocn.ne.jp
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/
[PR]

by koso2.0 | 2005-05-03 11:42 | Gallery 覚
2005年 04月 19日

藤原 成淳 展 視線の現実 <復路展 建部神社→Gallery覚>



期間: 2005/04/18~2005/04/30

近代とは異なる神社という世界へ作品を移行するということは、作品の設置する場所を単にギャラリーから神社へ移し換えるということではない。
それは、作品に読み込まれた視線が2つの意味世界を貫通して行くことを意味する。作品が異なる現実に入れ換わって行く時、
そこにはどのような視線が、新たに発生して来るのであろうか。
'04年10月八ヶ岳南麓の建部神社に作品を設置して、格物窮理の視線(カクブツキュウリノシセン)展を試みた。
日本という現代社会のなかで、神話の世界から途切れることなく、歴史時代の現代まで、継続する神社の世界性は、
近代世界の隣りに異なる現実として住み分けて来ている。それは、近代社会が成立する日本という現実の成り立ちを示す特性といえるのではないだろうか。
異なる現実の神社という場へ、読み込んだ現代の視線である作品を設置することは、それを読み込む近代の視線が、近代とは異なる世界に交差することを意味する。
作品が設置された神社という場の構造を見ていくと、本殿から鳥居を走る正中線は、重要な意味を持つ。
正中線上の視線が顕す視界は、発生の本源と地上の現実を結ぶ垂直軸が地表に移されたかの様である。
それは、天地に架かる橋か透明な柱が下から上へ立ち昇るかの様だ。
このような神話世界を彷彿させる正中線は、ある一点に達した時、現実の事象が全て消滅し絶対無の世界へ貫通する。
しかもその究極の一点からは、ありとあらゆる存在世界の事物が同時に表れる―正中線は、近代の視点を逆に読み返す、もう一つの視線といえるだろう。
神社の正中線を走る視線の構造は、宋儒の格物窮理の思惟パターンと重なる一面が空間的に表されている。
 今回、復路展として神社からギャラリーへ作品を移行することは、近代とは異なるもう一つの視線を、再度ギャラリーという近代の視点から読み直すという試みである。
即ち、双方向から異なる視線の現実を重ね合わせ、見えてくる現実とは何かを眺めてみたい。


藤原成淳

URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/fujiwara2.html


会場: Gallery 覚
入場料: 無料
時間: 12:00~19:30
(~15:30 on last day)
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座2-8-17 中川ビル3F
TEL/FAX: 03-5524-5222
Email: g.kaku@alto.ocn.ne.jp
URL: http://www6.ocn.ne.jp/~g.kaku/
[PR]

by koso2.0 | 2005-04-19 01:16 | Gallery 覚