カテゴリ:パルコミュージアム( 3 )


2005年 08月 21日

MUTTONI MUSEUM -自動人形師ムットーニの機会仕掛けの迷宮博物館-



期間: 2005/08/20~2005/09/12

2002年の「美と出会う(NHK教育)」での特集を始め、愛知万博"NEDOパビリオン"での映像コンテンツへの参加など、この2~3年、各メディアへの露出が多いムットーニ。
昨年6月から「たけしの誰でもピカソ(テレビ東京)」で計12回にわたり放送された[ムットーニ・劇場]が好評を呼び、今ムットーニの認知度がさらに高まっている。
また、番組内で放送された14作品をDVDとして商品化する事が決定した。
「実際に動くのものを見てみたい」という各方面からの要望や関心が高まるこの時期に行われる"EXHIBITION MUTTONI MUSEUM"はまさにタイムリーといえる大規模な展覧である。

URL: http://www.parco-art.com/web/museum/muttoni/


会場: パルコミュージアム
入場料: 一般:500円、学生:400円
時間: 10:00~21:00
住所: 〒150-8377 東京都渋谷区宇田川町15-1 パルコ パート3/7F
TEL/FAX: 03-3477-5873
URL: http://www.parco-art.com/
[PR]

by koso2.0 | 2005-08-21 22:18 | パルコミュージアム
2005年 04月 01日

カミロボ エキスポ 2005



期間: 2005/04/01~2005/04/25

ガンダム、GIジョー、あるいはリカちゃん。
誰もが人形遊びに夢中になった少年少女時代を持っている。
あのとき、私たちの頭のなかには、たしかに大きなドラマが広がっていた。
いつの日からか、私たちは人形遊びを忘れてしまったが、
もしかするとそこに、夢もいっしょに置き忘れてしまったのかもしれない。
あのままドラマを育て続けていったら、どんな未来があっただろう……。
それを実証しようとする男たちがいる。
27年間、紙のロボットをつくり、ひとりで遊び続けた男、安居智博。
そして彼がつくる世界を発見し、魅せられた男、青木克憲。
極私的世界の求道者と、日本のクリエイティブ界の若きリーダー、
異色の最強タッグによる壮大かつ不屈のドラマを、一堂に大展観!!


URL: http://www.parco-art.com/web/museum/kamirobo/

会場: パルコミュージアム
入場料: 一般:500円、学生:400円
時間: 10:00~21:00
住所: 〒150-8377 東京都渋谷区宇田川町15-1 パルコ パート3/7F
TEL/FAX: 03-3477-5873
URL: http://www.parco-art.com/
[PR]

by koso2.0 | 2005-04-01 01:43 | パルコミュージアム
2005年 04月 01日

パルコミュージアム

入場料: 一般:500円、学生:400円
時間: 10:00~21:00
住所: 〒150-8377 東京都渋谷区宇田川町15-1 パルコ パート3/7F
TEL/FAX: 03-3477-5873
URL: http://www.parco-art.com/
[PR]

by koso2.0 | 2005-04-01 01:42 | パルコミュージアム