カテゴリ:PUNCTUM( 9 )


2005年 12月 11日

青山 裕企『空跳博』



期間: 2005/12/13~2005/12/25

 青山は「自分探し」の旅の途中に突然カメラマンになることを決意しました。
 写真を撮り始めて、ポートレートを撮影していく中で、ある時青山は、被写体とのコミュニケーションを深めるために自分自身がジャンプをしてシャッターを切りました。思いのほか相手の反応が良く、かつ青山自身も宙に浮かぶことで視点の自由を得、探していた「写真」を見つけることができました。
 その後青山は被写体となるモデルにジャンプしてもらいそれを撮影し始めました。自らジャンプして撮影したときに感じた「視点の自由」が、モデルにジャンプしてもらうことでモデル達に「心の自由」やある種の「解放感」を与えるのではないかと考えたからです。以降継続的に「人を跳ばせる写真=空跳(そらとび)写真」を撮り続けて現在に至ります。
 本格的な初個展となる本展は、これまでの「空跳写真」の成果を発表するものであり、今後もこのシリーズを続けていくという宣言でもあります。

URL: http://www.punctum.jp/aoyamayuki.html


会場: PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合開廊、翌火曜日休廊、会期中の祝日は開廊)
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル2F
TEL/FAX: 03-5250-5001 / 03-5250-5018
Email: punc@punctum.jp
URL: http://www.punctum.jp/
[PR]

by koso2.0 | 2005-12-11 21:35 | PUNCTUM
2005年 11月 27日

宮川かほり『かみのおうち』 



期間: 2005/11/29~2005/12/11

宮川は久しぶりに再会した大叔母にインスピレーションを得て、大叔母と大叔母の住む家を撮影し始めました。
大叔母は既に認知症になっていたため、彼女の時間の概念や記憶の流れは不確かなものでした。
しかし宮川にとってそれは「不思議な時間の流れ」と映りました。
宮川は、大叔母が見ているかもしれない彼女の記憶の世界を写すために、ひとりの女の子を大叔母の若い頃という役割にして撮影を試みました。
同時に宮川は、大叔母が長年住む家の持つ「不思議な力」を感じ、大叔母の亡くなった後も家の撮影を続けました。
写真家自身が幸福感に包まれて撮影したというこの『かみのおうち』は、彼女の今後のキャリアにおいて重要な位置を占める作品になることと思います。

URL: http://www.punctum.jp/miyagawakahori.html


会場: PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合開廊、翌火曜日休廊、会期中の祝日は開廊)
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル2F
TEL/FAX: 03-5250-5001 / 03-5250-5018
Email: punc@punctum.jp
URL: http://www.punctum.jp/
[PR]

by koso2.0 | 2005-11-27 02:07 | PUNCTUM
2005年 10月 10日

望月 千博『個展1 抜け殻』



期間: 2005/10/11~2005/10/16

望月はある映画監督の「ファインダーの中は嘘だらけ」という言葉に触発され、その意味することを知りたくなり、カメラを持ちました。
その後独学にて写真を習得し、東京で写真スタジオのアシスタントを経て、フリーのカメラアシスタントとして活動します。しかしその頃、望月は様々な理由から写真をやめようと思い、実家のある山梨に戻ります。
失意の中、望月は彼にとって衝撃的な風景に出合い、一枚の写真を写しました(※左の写真)。
その写真は望月に大きな変化をもたらし、現在は、「自己の追求と無私の写真の追求」という相反する2つのことを考え、追い求めながら撮影するようになりました。
本展では、その風景との出合いから現在までの写真の中から厳選し、約5点の写真で展示構成いたします。

URL: http://www.punctum.jp/mochizukichihiro.html


会場: PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合開廊、翌火曜日休廊、会期中の祝日は開廊)
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル2F
TEL/FAX: 03-5250-5001 / 03-5250-5018
Email: punc@punctum.jp
URL: http://www.punctum.jp/
[PR]

by koso2.0 | 2005-10-10 02:51 | PUNCTUM
2005年 07月 31日

上田 和彦『UEDA KAZUHIKO Paintings』



期間: 2005/08/05~2005/08/14

プンクトゥムでは、上田和彦 『UEDA KAZUHIKO Paintings』 展を開催いたします。
上田は大学卒業後、主にグループ展や公募展で作品を発表してきました。初の個展となる本展では、今回のために新たに制作された絵画作品を展示いたします。
多分に情緒的で非論理的な日本の美術界において、上田の美術活動を「個展」という形で初めて紹介する本展覧会は、何かと閉塞感の充満する日本社会にとって、例外的な非常に前向きな意味を持つことでしょう。

URL: http://www.punctum.jp/uedakazuhiko.html


会場: PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合開廊、翌火曜日休廊、会期中の祝日は開廊)
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル2F
TEL/FAX: 03-5250-5001 / 03-5250-5018
Email: punc@punctum.jp
URL: http://www.punctum.jp/
[PR]

by koso2.0 | 2005-07-31 22:01 | PUNCTUM
2005年 07月 19日

中島 弘美 『hemlock』



期間: 2005/07/19~2005/07/31

プンクトゥムではギャラリー初の絵画展、中島弘美『hemlock』展を開催いたします。
中島は2003年筑波大学卒業制作展にて「筑波大学卒業制作芸術専門学群長賞」を受賞し、卒業後の2004年には初の個展を東京のギャラリー「ラ・ガルリ・デ・ナカムラ」にて開きました。
二度目の個展となる本展では、初個展以降の作品と最新作を展示いたします。
中島は、作品と鑑賞者をつなぐものは両者のイマジネーションであると考え、言葉を介さないコミュニケーション・ツールとして絵画表現に取り組んでいます。
社会生活を営んでいく上でファンタジーやイマジネーションというものが、時にわれわれに思いがけない素敵な効果を与えてくれることがあります。
醜いものが美しいものに昇華するということに興味がある彼女は、展覧会タイトルを「hemlock(=ヘムロック)」と名付けました。ヘムロックとは、グリム童話にも出てくる毒草のことです。
本展において中島は、「イマジネーション=絵画」の中に毒を混ぜることにより、彼女独特のファンタジーに満ちた新たな寓話を提示することになるでしょう。

URL: http://www.punctum.jp/nakajimahiromi.html


会場: PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合開廊、翌火曜日休廊、会期中の祝日は開廊)
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル2F
TEL/FAX: 03-5250-5001 / 03-5250-5018
Email: punc@punctum.jp
URL: http://www.punctum.jp/
[PR]

by koso2.0 | 2005-07-19 00:39 | PUNCTUM
2005年 05月 22日

イシダヒデユキ『ミッシングカッツ-イマジネイション・オデッセイ』



期間: 2005/05/24~2005/05/30

PUNCTUMでは、2005年5月24日(火)から5月29日(日)まで、イシダヒデユキ写真展を開催致します。

イシダは、『MissingCuts』(ミッシングカッツ)=見失った光景を写真に再現する、をテーマに2000年より積極的に活動している写真家です。

イシダはモノ作りに対して好奇心旺盛な幼少時代を過ごしました。中学時代より音楽に目覚め、見えない音を形にしてゆく作業に没頭します。しかし、就職を機に音楽から遠ざかり、同時に「創る」時間も意欲もなくしてしまいます。
そんなある日、イシダは友人の影響でカメラを手にします。彼にとってカメラは持ち運びのできる楽器となり、以降撮影を始め、やがて「生きている」という実感と「創る」情熱を取り戻しました。そして10年間のサラリーマン生活に終わりを告げ、本格的に写真家として活動を開始いたしました。

本展では、花火をモティーフに「力強くも繊細な光の軌跡」(イシダ談)を描いた写真群を発表いたします。

皆様のご来廊をお待ちしております。

URL: http://www.punctum.jp/ishidahideyuki.html


会場: PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合開廊、翌火曜日休廊、会期中の祝日は開廊)
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル2F
TEL/FAX: 03-5250-5001 / 03-5250-5018
Email: punc@punctum.jp
URL: http://www.punctum.jp/
[PR]

by koso2.0 | 2005-05-22 20:57 | PUNCTUM
2005年 04月 19日

第2回『フォー・ディレクションズ』



期間: 2005/04/19~2005/05/01

PUNCTUMでは、昨年10月に開催し好評を得た企画展『4 Directions(フォー・ディレクションズ)』展の第2弾を開催いたします。
『4 Directions』展は、PUNCTUMがリコメンドする新進写真家4名による写真展です。
今回参加してくださる写真家は、恵上美保さん、大社優子さん、小高美穂さん、的場ゆう子さんの4名です。
この4人の才能が持つ新しい写真への可能性・方向性を、ぜひご覧下さい。
会期中に参加作家全員と、編集者で当ギャラリープロデューサーの後藤繁雄氏とのトークショーを開催します。

次回は10月に開催予定です。ご興味のある方はギャラリーまで作品を見せに来て下さい。

URL: http://www.punctum.jp/4directions2.html


会場: PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合開廊、翌火曜日休廊、会期中の祝日は開廊)
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル2F
TEL/FAX: 03-5250-5001 / 03-5250-5018
Email: punc@punctum.jp
URL: http://www.punctum.jp/
[PR]

by koso2.0 | 2005-04-19 01:00 | PUNCTUM
2005年 04月 13日

加藤純子写真展『 i 』



期間: 2005/04/05~2005/04/17

PUNCTUMでは、加藤純子写真展『i(アイ)』を開催致します。

加藤は2003年に沖縄へ移り住み、ライター兼フォトグラファーとして活躍します。
沖縄の地で撮られた写真群は、被写体への愛と、日常のささいな光景に対する作者の愛(いと)おしさが感じられるものとなっております。

今年2月にはそれらの写真を中心にまとめた初の写真集『i(アイ)』が新風舎より出版されました。
本展は写真集出版記念も兼ねる加藤自身初の本格的な写真展です。

皆様のご来廊をお待ちしております。

URL: http://www.punctum.jp/katojunko.html


会場: PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合開廊、翌火曜日休廊、会期中の祝日は開廊)
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル2F
TEL/FAX: 03-5250-5001 / 03-5250-5018
Email: punc@punctum.jp
URL: http://www.punctum.jp/
[PR]

by koso2.0 | 2005-04-13 01:14 | PUNCTUM
2005年 04月 13日

PUNCTUM Photo+Graphix Tokyo

入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日: 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合開廊、翌火曜日休廊、会期中の祝日は開廊)
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-6 ハラダビル2F
TEL/FAX: 03-5250-5001 / 03-5250-5018
Email: punc@punctum.jp
URL: http://www.punctum.jp/
[PR]

by koso2.0 | 2005-04-13 01:14 | PUNCTUM