Exhibition Alert

koso.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:GALERIE SOL( 10 )


2005年 12月 11日

二人展 秋葉 剛・原田俊介



期間: 2005/12/12~2005/12/17

<叙情的な記憶と叙事的な記憶>

私たちの行動や思考の根本にあるのは記憶ではないでしょうか。記憶には、長い間ずっと覚えているものもあれば、すぐに忘れてしまうものもあります。 その覚えている時間によって「感覚記憶」「短期記憶」「長期記憶」と分ける事ができます。 感覚記憶は、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚などの感覚の体験の記憶ですぐに忘れてしまう記憶だといわれています。 短期記憶は昨日のことから数週間ぐらい前までの短期間の記憶で、強く印象に残ったものの一部が長期記憶として保存されます。 長期記憶は長く保存される記憶で、その内容によってと「手続的記憶」「宣言的記憶」に分かれ、手続的記憶が自転車の乗り方などの身についた記憶なのに対し、宣言的記憶は言葉で説明できる記憶です。 宣言的記憶はさらに、「意味記憶」と「エピソード(出来事)記憶」に分かれ、前者が感情や情緒を伴わない記憶なのに対し後者は情緒や感情を伴う記憶で、『思い出』と称されるものです。 私たちが作品を作る手がかりにする記憶は、条件反射的な身体記憶や暗記や知識などの意味記憶ではなく『思い出』と称されるエピソード記憶に限定されます。私たちは、エピソード記憶には2つの種類があると考えています。 1つは、体験したことをありのままに記憶している『叙事的記憶』と、体験した事をその時の感情と共に、あるいは感情のほうをより強く覚えている『叙情的記憶』の2種類です。 私は、叙情的な記憶を手がかりに描き、原田は叙事的な記憶をテーマに作品を作っています。
私の作品は記憶の物語の絵です。それは、ドラマチックな物語ではなく日常的な日記のような物語です。個人な記憶ではありますが、多くの人が同じ思いを感じた事があり共感できる記憶でもあると思います。 画面にリズム的に配置されたモチーフは記憶の断片です。ばらばらなパズルをひとつずつはめ込み、徐々にその全貌が見えてくるように、記憶のワンピースをモチーフの中から見つけ、そこから連鎖するように絵の全貌が見えた時に何か共感するものを感じてもらえると思います。 描かれた記憶は鮮明なものではありません。作家の村上春樹氏は、「文章という不完全な容器に盛ることができるのは、不完全な記憶や不完全な思い出しかない」と書いています。私が記憶の絵を描く時も同じで、鮮明でくっきりと思い出せる記憶は思い出と呼ぶにはまだ生々しすぎて描くことができません。記憶が薄らぎ不完全になりかけた時、一歩一歩たどるようにして記憶紡ぎ出し、そして描くことができます。そうして描くことができた絵は、記憶の物語そのものになります。
私が叙情的な記憶をテーマにしているのに対して、原田は感情をまじえないありのままの記憶「叙事的な記憶」をテーマにしています。人の記憶はあいまいなところがあり、スキーマと矛盾した記憶は書き換えられてしまったり美化されてしまったりします。原田の作品は、そういった間違った記憶を否定し、リアルで完全な記憶を求めたものです。記憶の現状維持。そのために選ばれた素材は古着です。古着にはそれを使った人の生活が染み込んでいます。ペンキ職人の作業着には塗料が染み込み、営業マンのワイシャツにはシミひとつありません。喫煙者の服にはヤニの臭いや色が残り、女性の服には香水の臭いが染み込んでいます。そういった着ていた人の生活の記憶が染み込んでいる服はリアルで嘘の無い記憶そのものです。琥珀に閉じ込められた蚊が、白亜紀に生きた恐竜のリアルな記憶」を現代まで完璧な状態で保存し続けているように、アクリルで固められた服は後世まで完全な状態でそれを着ていた人の嘘の無いリアルな記憶を保存し続ける事でしょう。
感覚的で叙情的な記憶と、一切の干渉を許さない叙事的な記録としての記録としての記憶。
             不完全な記憶と完全な記憶
             やわらかい記憶と固い記憶
             湿った記憶と乾いた記憶
湿った感情をメロディーと呼び、乾いた感情をリズムと呼ぶ五木寛之氏の言葉を引用させてもらえば、それは、メロディーの記憶とリズムの記憶でもあります。
いろいろな言葉を使って、2つの記憶の扱い方を比較対比する事ができますが、共通しているのはどちらも事実な記憶だという事です。この展覧会で、多くの人の記憶をくすぐり、懐かしい思いを思い出す手伝いができればよいと考えています。


URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/EXHIBITION/2005/200512futari.htm


会場: GALERIE SOL
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日:
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビルB1F
TEL/FAX: 03-5537-6960 / 03-5537-6988
Email: g-sol@cg7.so-net.ne.jp
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/
[PR]

by koso2.0 | 2005-12-11 21:29 | GALERIE SOL
2005年 12月 04日

中村亜都子展



期間: 2005/12/05~2005/12/10

センを描き、カタチを創り、イロを置く。
それだけのことでどれだけのことができるのか。
線に意味を持たせたり、カタチに言葉を語らせたり、
色彩をモノとして突き放したり、感情を預けたり、
実体があるもののようで、ないもののようで、
夢の中での覚醒のように常に浮遊するなにかを表現。

URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/EXHIBITION/2005/200512nakamura.htm


会場: GALERIE SOL
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日:
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビルB1F
TEL/FAX: 03-5537-6960 / 03-5537-6988
Email: g-sol@cg7.so-net.ne.jp
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/
[PR]

by koso2.0 | 2005-12-04 15:06 | GALERIE SOL
2005年 11月 27日

熊澤桂子展

期間: 2005/11/28~2005/12/03


会場: GALERIE SOL
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日:
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビルB1F
TEL/FAX: 03-5537-6960 / 03-5537-6988
Email: g-sol@cg7.so-net.ne.jp
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/
[PR]

by koso2.0 | 2005-11-27 01:53 | GALERIE SOL
2005年 10月 10日

真貝春美展



期間: 2005/10/10~2005/10/15

Inner flowers
今までの個展は主観的な意味合いの強いテーマが中心だったのだが、自分の人生の可能性と限界を 多少なりとも認識出来る年齢になったせいか、今回は純粋に客観的なテーマに取り組んでみることに した。そういう訳で、美術を志す誰もが、初歩的に一度は試みる対象ではないかと思う花をテーマにし てみた。しかい、どうしても私の特徴として生命の形態的様相ではなく、命の内的エネルギーに興味を 引かれるのである。突き詰めてしまえば、この広大な宇宙からみれば、私も花だ、とも思えたのである。

2005年7月 真貝春美
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/EXHIBITION/2005/200510shinkai.htm


会場: GALERIE SOL
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日:
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビルB1F
TEL/FAX: 03-5537-6960 / 03-5537-6988
Email: g-sol@cg7.so-net.ne.jp
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/
[PR]

by koso2.0 | 2005-10-10 02:40 | GALERIE SOL
2005年 09月 25日

一瀬幸信展

期間: 2005/09/26~2005/10/01


会場: GALERIE SOL
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日:
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビルB1F
TEL/FAX: 03-5537-6960 / 03-5537-6988
Email: g-sol@cg7.so-net.ne.jp
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/
[PR]

by koso2.0 | 2005-09-25 20:43 | GALERIE SOL
2005年 09月 19日

廣澤 晃展



期間:2005/09/19~2005/09/24

作品の形態はとてもシンプルなものです。木製パネルに下地としてジェッソを塗り、画面上半分をアクリルで塗ってあります。私の作品には中心となるものがありません。要素の少なさは、描くものがない、というところから始まっています。より単純にしていき必要最小限にしていくことで見えてきたものは、それでもなお描くものがないということです。残ったのは美しさへの「憧れのようなもの」だqけでしょうか。語るものはなく、したがって語りかけることもなく、ただそこに在る作品です。

URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/EXHIBITION/2005/20059hirosawa.htm


会場: GALERIE SOL
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日:
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビルB1F
TEL/FAX: 03-5537-6960 / 03-5537-6988
Email: g-sol@cg7.so-net.ne.jp
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/
[PR]

by koso2.0 | 2005-09-19 15:04 | GALERIE SOL
2005年 09月 12日

細川貴司展



期間: 2005/09/05~2005/09/17

favorite 意識の連続性~内在するもの~

今回の個展では二つの方向で作品を考えてます。一つはイメージ的形態をダイレクトに打ち出す方向として、紙にオイルパステルを用いて描画しています。思いや迷い、意識したものが直接画面に打ち出されることで、イメージのゆらぎを存在させます。意識の連続性というところに今回のもくろみがあります。もう一つは木に描いたもの。木に直接色鉛筆で描き進める手法で、像が木の中に内在しているような意識でもってつくっています。木の表面に浮かび上がる像以外はあえて木の表情を見せないように打ち消すように塗り込まれています。
日常の断片的な形態、自分なりに面白いと思うようなものをイメージの源泉として描き始め、その描いた形から自分のイメージ的形態へと変容させています。そうして原始的な記号への回帰を求めているようです。

URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/EXHIBITION/2005/20059hosokawa.htm


会場: GALERIE SOL
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日:
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビルB1F
TEL/FAX: 03-5537-6960 / 03-5537-6988
Email: g-sol@cg7.so-net.ne.jp
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/
[PR]

by koso2.0 | 2005-09-12 21:30 | GALERIE SOL
2005年 08月 28日

吉田和司展



期間: 2005/08/29~2005/09/03

仮定と実験、そして希望です。
衝動を持って描いた1つの絵は、初期制作によく現れる率直な感覚のある画面になります。2回目以降はそのキレが少なくなり、そして制作に関る様々な要素を洗練して、当初の感覚を取り戻し、そこからまた探し始めると考えてみます。
今回は、その初期衝動と考えられる1つの感覚を、様々な技術面や素材面などの洗練、上達、向上を一切なくして、繰り返してみます。それはいわゆる量産行為ではありません。制作する時に頼りにする「意欲」、または流れる時間や重ねられる経験にひどく逆行している行為という捉え方をします。試み自体無意味かも知れません。しかし、今の自分にはとても必要なことです。言葉で自分の考えを伝える事にもどかしさ、不器用さ、そしてそこから発生する焦燥感や危機感を感じ始めています。それは今の私の作品、生活においても同様です。何もない現在の自分を信じて、老廃物を溜めていく事はしたくない。感覚をバラしていくことの実践を考えています。
今回の展示では、色んな要素の曖昧さが見えてくることを期待するとともに、それを現したいと思います。そこからそれらの要素を改めて見つめなおすきっかけにして、1つ1つを丁寧に見ていく自分をつくっていきたいと考えています。

URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/EXHIBITION/2005/20058yoshida.htm


会場: GALERIE SOL
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日:
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビルB1F
TEL/FAX: 03-5537-6960 / 03-5537-6988
Email: g-sol@cg7.so-net.ne.jp
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/
[PR]

by koso2.0 | 2005-08-28 23:35 | GALERIE SOL
2005年 08月 21日

江原愛展



期間: 2005/08/22~2005/08/27

Big Forest ~大きな木~

こんなこと、あえて考えたりしなかったけど・・・小さいころから森や木がすきで、大きな木の上におうち を建てるのが、今でも持っている夢なんだ。
現在、私はある小学校で教員をしている。私が受け持つのは全校児童の図工。毎日子供たちといっしょに  ああでもないいこうでもない と頭をひねりながら工作している。子供とは面白い。普段やんちゃ過ぎていろいろな先生が手を焼いている子が、何か琴線に触れたのだろうか、 今日は黙々と何かをつくっている。「ここはどうなっているの?」などと聞いてみる。子供は、その怪獣がどこにいて、どんなものを食べて、必殺技は、弱点は、どんな声で なくのかまで、目を輝かせながら説明する。まるで見てきたようだ。そんな姿を見ていると、なんだか懐かしい気持ちになる。
そして、今まであえて考えなかったけど、私にはこんな世界があったんだって、ちょっぴり思い出した。
今回はそんな、小さな夢の世界を見ていただきたいと思う。

URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/EXHIBITION/2005/20058ehara.htm


会場: GALERIE SOL
入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日:
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビルB1F
TEL/FAX: 03-5537-6960 / 03-5537-6988
Email: g-sol@cg7.so-net.ne.jp
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/
[PR]

by koso2.0 | 2005-08-21 21:56 | GALERIE SOL
2005年 08月 21日

GALERIE SOL

入場料: 無料
時間: 11:00~19:00
(~17:00 on last day)
休館日:
住所: 〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビルB1F
TEL/FAX: 03-5537-6960 / 03-5537-6988
Email: g-sol@cg7.so-net.ne.jp
URL: http://www005.upp.so-net.ne.jp/SOL/
[PR]

by koso2.0 | 2005-08-21 21:55 | GALERIE SOL