カテゴリ:アスク・アートスペース キムラ( 11 )


2005年 12月 11日

αM Project 2005 / Vol.6 出月 秀明 展「アランの毛糸帽子会議」



期間: 2005/12/12~2005/12/24

アランの毛糸帽子会議

ドクメンタではじめて女性の芸術監督となったカトリーヌ・ダヴィッドが、出月秀明をドイツのアーティスト・イン・レジデンスの審査でバックアップした。
彼がシュトゥットガルトで実現したのは、床面に近いところでプロペラが二機ゆっくり回り、その上部空間に設置された楕円形の円周線路をおもちゃの電車が逆回りに動きつづけるインスタレーション。宙に浮いた機械に支えられて絶え間なく動き続ける乗客、機械と人間のはかなく不確かな関係に、現代社会が映され日本が浮上する。
カトリーヌ・ダヴィッドとヴェネチアで会って話をしていたとき、とてもいい日本の作家がいるので、ぜひ会ってみてと紹介されたのが出月秀明だった。
少年時代からさまざまな土地に「移住」し、その「周囲」を回り、最北端などの「端」まで歩いたという。
2000年、26歳のときにアイルランドの西端にあるアラン諸島のイニシュモア島を徒歩で一周したのも、人間が生きる土地をつねに求める彼の自然な歩みの軌跡のためだ。そして出会ったのが、素敵な手編みの毛糸の帽子。「虹のかけら」と呼ぶその帽子を友人や恩師にプレゼントし、それを被って会議を開くことを計画した。
今回の個展は、すでに2回開かれている「アランの毛糸帽子会議」の第3回目。クリスマスも間近な京橋のギャラリーに、燃え続ける火と暖かい暖炉が現れるかもしれない。
出月秀明のたっての願いで、デザイナーの中村好文が、ソフトな触感の椅子や机などの家具とともに、かっこいい暖炉を特別出品してくれることになった。
あなたや訪れる方々と暖炉の前で語り合うために、つねに会場にいたいと出月秀明は楽しみにしている。

URL: http://www.musabi.ac.jp/ampj/2005/06idetsuki/index.htm


会場: アスク・アートスペース キムラ
入場料: 無料
時間: 11:00~18:30
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL/FAX: 03-5524-0771 / 03-5524-0772
Email: asku@oak.ocn.ne.jp
URL: http://www.kb-net.com/ask
[PR]

by koso2.0 | 2005-12-11 21:20 | アスク・アートスペース キムラ
2005年 11月 27日

鈴木淳×中﨑透展「Favore-どうぞ-」



期間: 2005/11/28~2005/12/10

世界のために? 愛を?
あなたならどんな言葉をつけたしますか。
日本にどうぞ? どうぞアートを? どうぞみなさん? でも何を。
「どうぞ」というイタリア語の意味がなぜか不明なまま開催される「ファヴォーレ」二人展。日常のささやかな出来事に、微妙で精妙で絶妙なアンテナを携える鈴木淳と中崎透。
はじめての二人展ですが、都市文化に消費される「ゴミ」を、ときにダイヤモンドの原石に変えてしまう魔術師たちの登場です。どうぞ、展覧会にいらしてください。
原石を磨いて所有するのはあなたです。ぜひどうぞ!

鈴木淳:切実なる混沌での遊泳
「越境する人々」という短編が忘れられない。
公園の道が途切れて柵に囲まれているのに、平然と柵をまたいで歩き続ける人たちがいる。じつに謎めいた映像だ。
100点を越すヴィデオシリーズ「だけなんなん」(北九州弁で、「だからどうしたの」の意味)におさめられた傑作のひとつ。「やらせ」のように無表情で日常的な行為の繰り返しに、無意識に効率を追求する都会人の習性や「みんなで渡れば怖くない」といった身体性への刷り込こみが垣間見える。
URL: http://www.musabi.ac.jp/ampj/2005/05suzunaka/index.htm


会場: アスク・アートスペース キムラ
入場料: 無料
時間: 11:00~18:30
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL/FAX: 03-5524-0771 / 03-5524-0772
Email: asku@oak.ocn.ne.jp
URL: http://www.kb-net.com/ask
[PR]

by koso2.0 | 2005-11-27 02:38 | アスク・アートスペース キムラ
2005年 08月 21日

久里洋二 Fサムのコラージュ展



期間: 2005/08/22~2005/09/03

URL: http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/Schedule/kuri05.htm


会場: アスク・アートスペース キムラ
入場料: 無料
時間: 11:00~18:30
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL/FAX: 03-5524-0771 / 03-5524-0772
Email: asku@oak.ocn.ne.jp
URL: http://www.kb-net.com/ask
[PR]

by koso2.0 | 2005-08-21 22:07 | アスク・アートスペース キムラ
2005年 07月 19日

ASK?映像祭2005 PARTⅡ 陣内利博プロデュース「複眼体験」



期間: 2005/07/19~2005/07/23

複眼体験 虫になりに来ませんか?

「複眼」をかぶると、いつもとは全く異なる目を持つことになる。
見えるのは複数の小さなスクリーンに現われる光だけ。
しかしよく視るとそれぞれの小さなスクリーンの中に、自分を取り囲む光景が逆さまに映し出されている。
そして動いてみると、自分の身体が覚えている動きと「複眼」をとおして見える動きの違いに気付く。
このことを理解すると、あなたは新しい目を持って世界を再体験する事になる。

URL: http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/eizou2.htm


会場: アスク・アートスペース キムラ
入場料: 無料
時間: 11:00~18:30
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL/FAX: 03-5524-0771 / 03-5524-0772
Email: asku@oak.ocn.ne.jp
URL: http://www.kb-net.com/ask
[PR]

by koso2.0 | 2005-07-19 00:19 | アスク・アートスペース キムラ
2005年 07月 13日

アスク映像祭2004コンペティション大賞受賞者展



期間: 2005/07/11~2005/07/16

URL: http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/eizou1.htm


会場: アスク・アートスペース キムラ
入場料: 無料
時間: 11:00~18:30
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL/FAX: 03-5524-0771 / 03-5524-0772
Email: asku@oak.ocn.ne.jp
URL: http://www.kb-net.com/ask
[PR]

by koso2.0 | 2005-07-13 00:51 | アスク・アートスペース キムラ
2005年 06月 09日

αMプロジェクト vol.2 渡辺豪×橋爪彩展「シークレットガールズ up and down」 



期間: 2005/06/06~2005/06/18

「シークレットガールズ up and down」

出会いは予測不能な未知の出来事。
コンピュータで構造化された渡辺豪のあどけなく冷たい少女の上半身と橋爪彩が生み出す精緻な油彩の下半身

up
渡辺豪が創り出す漂白された3DCGのアンドロイドは、皮膚や髪の毛のディテールのすべてが、精巧であるがゆえにフラジャイルで透明なのだ。話し声はまるで、どこにでもいそうなリラックスした少女の肉声だから、なげやりなつぶやきが黒い瞳と唇のクールなシミュレーションを際立たせる。
声と身体表象の乖離と合体。欲望とコミュニケーションの人工的な距離と密会が、ヴァーチャルとリアルを共犯させる。

down
黒いエナメルの真新しい靴を履く。その脚に、ストッキングのでんせんが走るとき、何かが微かに壊れる音を聞く。ツツゥーと起きるでんせんの突発事故は、一条の体液の流れのように忘れたころにやってくる。
橋爪彩が描く、まっすぐに伸びた脚は、白いハイソックスと黒いストッキングの二重奏。ニュートラルな少女の脚線美と弾力性のある女の筋肉とのちょうど中間地帯に、不穏でたくましい性が棲んでいる。

渡辺豪と橋爪彩は通常、べつのさまざまな表現も手がけている。
だが今回、見知らぬ二人の出会いを導くのは、シークレットガールズである。


(αMプロジェクト2005キュレーター/岡部あおみ)



会場: アスク・アートスペース キムラ
入場料: 無料
時間: 11:00~18:30
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL/FAX: 03-5524-0771 / 03-5524-0772
Email: asku@oak.ocn.ne.jp
URL: http://www.kb-net.com/ask
[PR]

by koso2.0 | 2005-06-09 01:50 | アスク・アートスペース キムラ
2005年 04月 03日

富岡雅寛カオスモス展'05[Like Clinamen]



期間: 2005/04/04~2005/04/16

URL: http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/Schedule/caosmos.htm


会場: アスク・アートスペース キムラ
入場料: 無料
時間: 11:00~18:30
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL/FAX: 03-5524-0771 / 03-5524-0772
Email: asku@oak.ocn.ne.jp
URL: http://www.kb-net.com/ask
[PR]

by koso2.0 | 2005-04-03 15:34 | アスク・アートスペース キムラ
2005年 03月 06日

αM Project / Vol.9「松井紫朗+藤城凡子 aquaria」展



期間: 2005/03/07~2005/03/26

藤城凡子

水槽の中で金魚のように月や地球を飼う。藤城の最近のシリーズは、きわめてユニークな発想から作られている。
そこにはペットブームや地球の環境汚染など昨今の社会的なトピックも見て取れるが、詩的なユーモアもたたえており、まさに小宇宙だ。
箱庭のように閉じ込められた世界なのに、のびのびと自由な感覚が溢れている。

藤城の作品の特徴は、メディアにとらわれない自由さとさりげない社会的(ジェンダーも含む)な問題意識であろう。
しばしば人形などファウンド・オブジェクトを使って、小さなインスタレーションを行なってきたが、常にある種の切なさとはかなさ、そしてしたたかさが共存している。

今回は何を水槽に閉じ込めようとしているのか、あるいはまったく違う展開を見せてくれるのだろうか。

いつもながら期待を裏切られることを期待している。


松井紫朗

美術館やギャラリーの建物の構造に介入して、巨大なまっ黄色のシリコンラバーのゲートを出現させたり、吹き抜けに巨大なじょうごを取り付けたり。
松井のインスタレーションは、内と外の空間認識を逆転してしまったり、見ているはずが見られているといった体験を作り出す。
美術館に展示される大掛かりなものでも、あるいはギャラリーで展示される小品でも、作品によって、そこに見たことのない光景が広がるのだ。

1980~90年代にかけて鉄、銅、アルミニウム、真鍮、あるいは大理石といった素材を使って、彫刻の表現を突き詰めていった松井が、ここ10年ほどをかけて取り組んでいるのがシリコンラバーのインスタレーションである。
ダイナミックな形態にひそむ身体性を、シリコンラバーは人間の皮膚のように体現する。

東京では3年ぶりの展示となる今回、さらに一歩踏み込んだ「動き」のある作品を発表するプランである。


藤城と松井がコラボレーションを行なうのは初めてのことであり、二人が共鳴し相対する作品は、予想を超えた空間を生み出すことだろう。

URL: http://www.musabi.ac.jp/ampj/09matsufuji/index.htm


会場: アスク・アートスペース キムラ
入場料: 無料
時間: 11:00~18:30
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL/FAX: 03-5524-0771 / 03-5524-0772
Email: asku@oak.ocn.ne.jp
URL: http://www.kb-net.com/ask
[PR]

by koso2.0 | 2005-03-06 21:22 | アスク・アートスペース キムラ
2005年 02月 15日

小林一浩展 「充溢するバロック」



期間: 2005/02/14~2005/03/04

ビデオ映像作品「襞-ひだ-」と新作静止画作品を展示致します。

URL: http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/Schedule/kazuhiro05.htm


会場: アスク・アートスペース キムラ
入場料: 無料
時間: 11:00~18:30
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL/FAX: 03-5524-0771 / 03-5524-0772
Email: asku@oak.ocn.ne.jp
URL: http://www.kb-net.com/ask
[PR]

by koso2.0 | 2005-02-15 01:05 | アスク・アートスペース キムラ
2005年 02月 08日

銅金裕司 受胎振動2005 in ASK? 淡水塩水混合過程と結合振動子の不思議



期間: 2005/01/31~2005/02/12

URL: http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/dougane.htm


会場: アスク・アートスペース キムラ
入場料: 無料
時間: 11:00~18:30
休館日: 毎週日曜日・祝日
住所: 〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL/FAX: 03-5524-0771 / 03-5524-0772
Email: asku@oak.ocn.ne.jp
URL: http://www.kb-net.com/ask
[PR]

by koso2.0 | 2005-02-08 01:26 | アスク・アートスペース キムラ